Uni-Voice for UDのご紹介

Uni-Voice for UD 「読み上げるホームページ」は、印刷物の音声化と既存のWeb サイト(ホームページ)の情報を利用して、視覚障害者向けの音声読み上げに対応したWebアクセシビリティ対応サイトを簡単に作成するサービスです。

既存のWeb サイトを情報を利用して音声コードUni-Voice付きの別サイトを自動作成するため、 通常サイトと視覚障害者向けサイトを無理に混在させる必要がない、一方で、視覚障害者向けのWebサイト作成に大きなコストをかけないで済む、という2つの ニーズを同時に満たすことができるソリューションサービスです。

​「障害者差別解消法」による法的整備

障害者​2021年5月に「障害者差別解消法」改正されました。改正により障害者への差別が禁止され、障害のある方への合理的配慮が国、自治体だけではなく民間企業に対しても義務化されました。本改正法は2021年6月4日の公布日から起算して3年以内に施行されます。これにより、Webアクセシビリティへの取り組みは必須事項として求められ待ったなしの現状となりました。改正法のポイントとしては、次の通りです。

 

1.「合理的配慮」とは障害のある人が障害のない人と平等に人権を享受し行使できるよう、一人ひとりの特徴や場面に応じて発生する障害や困難さを取り除くための、個別の調整や変更の事です。

2.これにより、企業や自治体が提供するWebサイトについても合理的配慮、つまりWebアクセシビリティへの取り組みが必須事項として求められることになります。

3.Webアクセシビリティとは、高齢者や障害者を含め誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。

​視覚障がい者が利用するデバイス環境

​視覚障がい者が情報取得するための利用するデバイス環境とはどのような環境なんでしょうか?

次の4つに分別できます。

1.PC、スマホのスキルに個々に潜在的な格差がある。

2.情報へのアクセス方法が個々に選択できる。

3.ユーザビリティが共通していない。​

例えば、WEBページ閲覧の場合には音声読み上げ操作、コンテンツへのフォーカスの仕方など音声読み上げソフトによって個々に違うことがあげられます。

4.正確な音声読上げ環境ではない。

音声読上げの辞書登録機能に依存し、辞書登録機能のチューニングが欠かせない。

ホームページの情報を操作する際の課題

​視覚障がい者がホームページの情報を操作する際、多くの課題があります。スマートフォンのブラウザーを使い、読み上げソフトはTalkback(Android)利用した例について説明します。

下のWebサイトの場合、Webサイトの画面の上部から下部へ、ジェスチャ操作で項目ごとフォーカスして、 音声読み上げを行います。ページ移動した場合は、再度同様の操作を行います。この場合、目的のコンテンツに行き着くまで数十回のタッチ操作が必要で時間を要します。

視覚障がい者がホームページを閲覧する場合の説明図

■課題のまとめとして、次の通りです。

1.ほとんどのWebサイトがアクセシビリティ視覚障がい者対応になっていない。

2. JIS X 8341-3:2016のWebアクセシビリティガイドライ ン達成基準に、キーボード操作の基準項目はあるが、 ジェスチャー操作の基準項目がないため操作できない。

3. Talkback(Android)とVoiceOver(iOS)では操作方法(ジェスチャー)が異なる。

4. 操作方法(ジェスチャー)が煩雑であり覚えるのが大変である。PC、スマホスキルに格差がある。

5.デバイスごと、音声読み上げが違う。 正確な読上げになっていない。

6. 画像・ボタン部分に説明がなく理解、操作ができない。

「Uni-Voice for UD」の利点

Uni-Voice for UD 「読み上げるホームページ」は、視覚障がい者がホームページの情報を操作する際の多くの課題を大きなコストをかけることなく解決することができ、同時に次のような利点があります。

1.印刷物の音声化と既存のWeb サイト(ホームページ)の情報を利用して、視覚障害者向けの音声読み上げに対応したWebアクセシビリティ対応サイトを簡単に作成できます。

2.既存のWeb サイトを情報を利用して音声コードUni-Voice付きぼ別サイトを自動作成するため、 通常サイトと視覚障害者向けサイトを無理に混在させる必要がありません。

3.視覚障害者向けのWebサイト作成に大きなコストをかけることがありません。

「Uni-Voice for UD」のデモ例

Uni-Voice for UD 「読み上げるホームページ」のデモ例として、「東京2020オリンピック・パラリンピック公式サイト最新ニュース」のWebサイトを取り上げています。是非、下のリンク先でご覧ください。

■元になる既存のWebサイト(全てのニュース)    

​ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/

■自動作成した音声コード付き読み上げるホームページ

​ https://site.uni-voice.biz/projects/tokyo2020

Uni-VoiceUDの例 音声コードニュース一覧.
Uni-VoiceUDの例 音声コードニュース読上げ画面

導入手順

2021年10月より順次、全国の自治体・民間企業向けの「読み上げるホームページ」の作成サービスを提供開始ています。導入の手順方法、費用面など導入に関してお気軽にお問い合わせください。

1.サービス説明

Uni-Voice for UDのサービスや機能の詳細をご案内します。

2.ヒヤリング・仕様決定

お打ち合わせにて、既存のWebサイトのどの情報を「読み上げるホームページ」にしたいか等のご要望を伺います。

3.初期開発

「読み上げるホームページ」を自動作成するための変換プログラムをUni-Voice事業企画株式会社のシステムに実装します。(範囲に応じて1週間から1カ月程度を想定。)

4.導入テスト    

サイト公開 (既存Webサイトからのリンク設置やユーザーへのアナウンス等)

5.運用・保守

既存サイトの更新にあわせて読み上げるホームページの情報は随時自動更新されます。必要に応じて手動でも更新可能です。(運用保守作業はUni-Voice事業企画株式会社での代行も承ります。)  

※簡単なご要望であれば最短1週間程度でのサイト公開が可能です。通常は1ヶ月から2ヶ月の期間が想定されます。

対象となるWebサイトの例

■自治体や行政のWebサイト(住民へのお知らせやイベント等の情報配信)

■企業や事業者のコーポレートサイト(IRニュースの配信等) ■金融機関や保険会社のWebサイト(顧客へのお知らせや最新ニュース等)

■企業の製品やサービス紹介のWebサイト

■国や自治体の公共施設のホームページ(電子図書館の新着図書情報等)

■美術館・博物館の新着案内

■大学や学校、幼稚園/保育園、学習塾などの教育機関のホームページ

■病院やクリニックなどの医療機関のホームページ

■医薬品情報(OTC一般薬の効能、用法、副作用等)のホームページ

■スポーツ等イベントの公式サイト(オリンピック、万博、マスターズ、国体等)

■ニュースやエンタメ情報の配信サイト(演劇・コンサート・チケット案内など)

■ブログやSNSなどによる情報発信・・・・等。

「読上げるホームページ」の費用について

対象サイトの範囲やご要望に応じてお見積もりさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。自治体や公益団体の方向けには無償プランもご用意しております。

 

費用の例(新着ニュースとイベント情報を「読み上げるホームページ」で配信する場合)

 

■初期費用      : 30万円 ~(初期開発の規模による)

■月額利用料   :   5万円/月 ~   

■運用代行費用:   3万円/月 ~