JAVISからのお知らせ

[2015-11-10]
平成27年11月6日に行われた高市総務大臣閣議後記者会見において、大臣からマイナンバー通知における音声コード貼付に関するコメントがございましたので、ご紹介させていただきます。

【マイナンバー通知における視覚障がい者の皆様への対応】

 「マイナンバー通知カードにつきまして、是非とも知っておいていただきたいことがありますので、申し上げます。
 先日来、私の事務所に対しまして問い合わせがあったのですけれども、通知カードについて、「視覚障がい者の方々への対応はできているのか」ということでございました。
 簡易書留の封筒には、それが大事な郵便物であるということが分かるように、「マイナンバー通知」という点字を施すとともに、マイナンバーに関する簡単な案内を音声で聞くことができるように、音声コードを印刷しています。
 また、封筒の中を開けていただきますと、御自身のマイナンバーが音声で分かるよう、通知カードや個人番号カードの交付申請書と同じ紙に、音声コードを印刷しています。
 この音声コードは、「ねんきん定期便」等でも採用されているものでありまして、これを携帯電話やスマートフォン、専用の読取装置で読み取ることによって、御自身のマイナンバーとマイナンバー制度に関する簡単な説明を音声で聞くことができます。
 視覚障がい者の方々のサポートをされる御家族の方などにおかれましては、視覚障がい者の方が御自身でマイナンバーの確認を行うことが困難である場合、適宜、音声コードの読み込みをサポートしていただくなどの御支援をお願いできればと思います。
 是非とも報道機関の皆様におかれましても、これらの対応について、幅広くお伝えいただけますよう、御協力をお願いいたします。」

カレンダー

<   2015-11   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

検索