JAVISからのお知らせ

[2012-01-30]

当協会は、業務用高速印刷機(インクジェット及びレザープリンター)での携帯電話対応音声コードの印刷品質に関して、下記のように対処します。

1)携帯電話対応音声コードの印刷品質

 高速で音声コードを印刷すると、印刷品質として「ゆがみ」「かすれ」「印刷ムラ、印刷ヌケ」「伸縮」等が下記の図のように生じます。

圧着はがき80m/分拡大画像
圧着はがき80m/分
圧着はがき100m/分拡大画像
圧着はがき100m/分
圧着はがき130m/分拡大画像
圧着はがき130m/分

このような印字の劣化が読み取り不良の原因となります。

 携帯電話対応音声コードは、このような印刷品質でも認識が可能になるよう、記号認識T字マーカーをデータ領域から離したデザイン記号にしております。また、そのデコード読み取り方法を四辺T字マーカー読み取り方式にすることで、記号の認識率を大幅に改良いたしました。
 印刷方式により、印刷速度及び用紙等の諸条件により印刷品質が劣化するため、携帯電話対応音声コード検査システムの印刷品質基準値を測定の上、適正な印刷をお願いいたします。

2)次期発売予定の音声コード対応携帯電話について

 上記の通り、劣化した印刷品質の読み取りは、携帯電話対応音声コード以外の音声コードの場合、印刷品質基準値が不明なため、不良な印刷物の市場への流通を避けるため、機械的に読み取りができにくくなります。
携帯電話対応音声コード(純正ソフト)で、作成ください。

なお、今まで活用・流通している音声コードは、基準印刷品質を推奨として印刷されておりますので、純正品以外の音声コードでも読み取りができるよう下位互換してまいります。
(事務用レーザープリンタ及びオフセット印刷での基準印刷品質)

基準印刷品質拡大画像
基準印刷品質

カレンダー

<   2012-01   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

検索