JAVISからのお知らせ

[2012-01-10]
携帯電話対応の音声コードは、当協会が特許取得した音声コード技術です。
携帯電話に実装されている音声コードデコードプログラムは、全て当協会の技術です。
今後発売を予定している音声コード対応携帯電話については、SPコードの読取は中止する方向です。音声コードの作成は、Javis Appli及び関連製品をご使用ください。

携帯電話対応音声コードは、上記デコードプログラムにより印刷品質基準値が設定されておりますので、必ず検査システムで検査の上ご確認いただき印刷生産管理を行ってください。

SPコードは、事務機用低速のレーザープリンターで印刷されたSPコードの読み取り確認は行っておりますが、業務用中速、高速でのオフセット印刷、レーザープリンター、インクジェットプリンターでの読み取り保証はできません。
高速で印刷する場合、印刷スピード及び用紙等の緒条件により必ず音声コードのゆがみ・かすれ・印刷ムラ・伸縮等が発生します。
どのレベルまで許容できるかを測定できる検査システムにより、携帯電話対応音声コードの基準値が設定されております。
SPコードは、測定不能です。
また、携帯電話対応音声コードは、SPコードとは異なる読取アルゴリズムですので、SPコードの印刷品質は保証外です。
SPコードを印字される場合、十分ご注意ください。

携帯電話での読取印刷品質基準値は、下記の通り検査項目が設定されておりますので品質基準を守って印刷ください。

検査項目
’仕拊諭糞嬰戞 ▲灰鵐肇薀好斑 T字マーカの大きさ ぃ垰マーカの太さ デЪ隠垰マーカの数 Ε魁璽匹凌縮率 Д魁璽匹里罎み率 ┘魁璽匹裡悖挌耄 サイレントゾーン 誤り訂正数

カレンダー

<   2012-01   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

検索